ミシュラン常連、和モダンの情趣とともに味わう質実剛健の十割そば。兵庫「有馬 むら玄」※休業中

有馬でのそばといえばミシュラン一つ星常連「そば処 むら玄」である。一見すると御茶屋を思わせる築100年の木造2階建ての古民家を古い佇まいを維持しつつ和モダンな空間へと大胆にアレンジされている。

2013_1006_114134-P1030669座席14席の小ぢんまりとした店内は大きな窓があるものの格子窓や裏手の石垣で程よく外光が遮られており、シックなムードのなか、落ち着いた時間を提供してくれる。

2013_1006_113123-P1030665

まずはそば前酒として「福源(700円)」一合頼む。他は白鶴に真澄では選択の余地なしである。酒肴に「わさび菜」400円を頼むも「そば味噌」が突き出しで少量でてきたのである。わさび菜の辛さにキリッとした福源がベストマッチである。そば味噌には山椒がぴりりと効いている。

2013_1006_110851-P1030663

そばは海苔4枚が別に添えられた「ざるそば」1100円を注文する。「もりそば」が1000円なので海苔4枚100円なのである。違いは添えられる海苔の有無だけで麺やつゆの違いはなく小生は手巻きのそば寿司に仕立てて、酒の肴にして味わったのである。お酒がなくなったところでそばを供してもらえる配慮が嬉しい。丸抜きのそばで打った十割そばは、ふくよかな香りを放ちしっかりとした長さとコシを備え、咽越し良好である。返しを効かせた関東風のやや辛口のつゆにベストマッチがそば湯であった。これまでのどのそば湯よりも美味しかったのである。

2013_1006_112350-P1030664

とろりとした中にきりっとだしが効き、白濁しているものの以外とサラっとしているそば湯に乾杯!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です