信楽川を見下ろす竹林に寄り添う一軒家で手繰る粗挽き十割蕎麦!滋賀・信楽「生粉打 作美」

草津といっても群馬・草津温泉ではなく京都と滋賀の間の草津で、甲賀・信楽の近く、焼き物の町として知られるお馴染み狸の信楽を源流とする信楽川沿いの山間に山小屋風の一軒家が姿をあらわす。川沿いの竹林に寄り添う一軒家が目的の蕎麦屋「生粉打 作美」である。辺りは日本最古の朝宮茶の産地で、向かいの斜面に茶畑が濃緑の帯を描いている。

2012_1028_111208-P1020627

11時半の営業開始を待って先着から入店していくのであるが客席は4人掛けテーブル2卓と囲炉裏がひとつ、3グループしか一度に入店できない。靴を脱いで上がる店内は絨毯がひかれた落ちついた雰囲気で囲炉裏の向こうにはテラスがありそうである。一人でも4人掛けの卓に案内される。相席でも構わないのであるが占有で良い様子。注文を取る際も追加オーダーは無理とのことであり、天ぷら類もない。しかしながらクーラーの下に別メニューがあり、「釜あげそば」「生粉焼ぜんざい」等がかいてある。 「盛り」900円を頼む。お酒は無い。

2012_1028_115627-P1020629

暫くして運ばれてきた蕎麦は2mm程ある太打ちそばで粗挽きで甘皮を多く取り入れた十割そばである。運んできた店主の母親であろうか丁寧な応対で最初はそのままで次に塩でそして後はそばつゆで食してくださいといわれる。しっとりとした薄緑色でもちもちとした歯ざわりがり、蕎麦の表面も少しぬめり感がある。そばつゆの昆布や鰹のダシをきかせた落ち着いたそばつゆで麺との相性もよかった。 「釜あげそば」のメニューからもうどんに近いのではないかと感じてしまった。

2012_1028_120135-P1020632

しかし、しかしである、最後に運ばれてきた茶碗蒸しの器のようなものに入った蕎麦湯には驚きであり、温度といい、白濁加減といい、とろみといい、最高の蕎麦湯であった。印象に一番残ったのが蕎麦湯ではいかがなものかと思うが間違いない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です